中古ドメインの販売サイトを調べる男性

中古ドメインはピンからキリまであります。そしていい中古ドメインを見分けていく必要があります。そしてなるべく便利で使いやすい販売サイトで購入していきたいですよね?その力添えに少しでもなれればと考えています。

中古ドメインは3次元的にディレクトリを考える

中古ドメインは扱いやすくすぐに結果が出ると勘違いされやすいのですが、実際には扱い方によってかなりの差がでるので注意が必要です。そもそも中古ドメインの効果は検索サイトでの評価と、バックリンクの引き継ぎなのですが、双方とも単純に中古ドメインを適用しても効果が出づらいのです。重要なことは多面的に扱っていくことです。中古ドメインについて検索サイトの評価を引き継ぐ場合は以下に3つのポイントがあります。1つはパス、2つめはカテゴリ、3つ目はタイミングです。これらを3次元的に繋げていくとこで各ディレクトリがしっかりとした関連を持つようになります。特にパスについては勘違いされるケースが多いので注意したいです。パスについてはつながっていなくては意味がありません。ドメインが適用され、コンテンツがあれば過去のパスを無視してドメインだけでロボットが検索して自動で評価を引き継いでくれると考える方が多いようですが、評価はドメイン全体の他に各パスごとの評価もあります。パスが引き継がれていないとそれに付随するコンテンツの評価は引き継がれないのです。そのため、パスが通って初めてコンテンツの評価に上乗せされるのですが、対象のコンテンツがカテゴリが異なればやはり評価は引き継がれません。重要なことはパスが同じでコンテンツもカテゴリが一緒であることです。また、合わせてコンテンツが無い場合も問題です。ドメインを取得し、あとでコンテンツを追加していく場合も注意したいです。パスが相対パスである場合は基本的にコンテンツの調査が始まります。空のページであったりするとインデックスが消される場合もあるのです。タイミングをしっかり踏まえて中古ドメインを適用したいものです。